塗料のあれこれ
HOME > 塗料のあれこれ

塗料の種類

フェノール樹脂塗料

フェノール樹脂塗料とは、フェノール樹脂、植物油、顔料を混ぜた不透明塗料のことを言い耐水性、耐薬品性に優れており「耐酸塗料」とも呼ばれています。

合成樹脂調合ペイント

一般的に、ホームセンターなどで販売されている油性塗料は、この合成樹脂調合ペイントを指しています。

長油性アルキド酸樹脂ワニスを顔料と合わせて作られる自然乾燥型の塗料です。

従来の油性調合ペイントの長持ちはするものの、「仕上がり感が悪い」「乾燥が遅い」「塗膜の表層劣化が早く進行する」などの欠点がありましたが、その長所を活かしつつ、欠点を合成樹脂で補ったものが合成樹脂調合ペイントです。

フタル酸樹脂塗料

合成樹脂調合と比べると油脂の量が少ないため、乾燥性や光沢性、耐候性に優れており、合成樹脂調合ペイントよりもワンランク上の性能と言えます。
鉄製の建具などに良く使われており、屋内の木部や、窓枠などに塗られることが多いです。

エポキシ樹脂塗料

エポキシ樹脂塗料は、耐薬品性、耐磨耗性、密着性に優れており、エポキシ樹脂塗料は、自動車の防食用電着塗料、家庭電化製品や事務用スチール家具等の水系または粉体塗料、ビールなどの缶用水系塗料などとして私たちの身近なとことで活躍しています。

その特性をいかして、船舶やプラント用、金属やコンクリートなどに錆止め塗料や防塵塗料としてエポキシ樹脂塗料は幅広く用いられています。

特に耐候性を要求される場合にはウレタン樹脂系塗料を上塗りとして使用します。

変性エポキシ樹脂塗料

変性エポキシ樹脂はエポキシ樹脂をあらかじめ高分子量化しているため、ラッカーとして使用でき、使用直前に硬化剤を混合するような作業も必要ない上に、優れた密着性、防食性、加工性が得られます。
変性エポキシ樹脂の優れた加工性を利用することにより、従来得られなかった高硬度、加工性の両立が可能となります。

タールエポキシ樹脂塗料

タールエポキシ樹脂塗料は、エポキシ樹脂・コールタール・ビチューメン・顔料・硬化剤及び溶剤を主な原料としたものです。
橋梁・鋼管・鋳鉄管・船舶外板・船舶内緒タンク・油類タンク・コンクリート構造物など、海水・淡水・高湿度の環境から防護するために用いられます。

ポリウレタン樹脂塗料

ポリウレタン樹脂やエポキシ樹脂は、硬さ、安定性、付着性、耐熱性に優れていいます。
ポリウレタン樹脂塗料は、弾性、耐磨耗性、耐候性、耐溶剤性、 耐薬品性、電気特性に優れ、塗膜には優れた光沢、燃焼性が少ない、常温乾燥でもその能力を発揮します。

現在使用されているゴルフボールのほとんどのペイントに、ポリウレタン樹脂塗料やエポキシ樹脂塗料が使用されています。

アルキド変性シリコン樹脂塗料

アルキド樹脂塗料は、フタル酸樹脂塗料とも呼ばれます。
塗膜は肉持ちが良く、光沢・レベリングなどの塗膜外観が良く、耐候性・耐油性・耐酸性は比較的優れているものの、耐水性はやや劣り、アルカリには分解されやすい特徴があります。

アクリルシリコン樹脂塗料

耐薬品性・耐水性に強く、優れた耐久性があります。建築物及び建材に使用されるコンクリート面、セメント・モルタル面、カーテンウォール部材、鋼板、アルミ、ステンレス、FRP、石綿スレートなど幅広い素材を対象とするふっ素樹脂に較べてコストが安く、フッ素樹脂に近い超耐候性を持った塗料です。

塩化ゴム系樹脂塗料

耐久性があり、船舶や鉄製の橋などに採用されています。自然環境が厳しい場所や、施工しにくいところなどに使われます。
単価は非常に高く施工性も悪いのでコストがかかりますが、次の塗替えまでの期間を長くすることが出
来るので、一概に高価であると言えないかもしれません。
耐久年数は8~12年です。

フッ素樹脂塗料

フッ素樹脂塗料は優れた耐候性により塗り替え回数の低減を実現し、ライフサイクルコストの削減に貢献できる高耐候性塗料の代表です。
高耐候性塗料の機能以外には、塗膜表面を親水性にすることで雨筋などによる汚れを防止し、外観を保つ低汚染性塗料としても需要を拡大しています。
超高層ビルや公共性の高い大型建築物など、改修工事の困難な場合などではメンテナンスフリー期間の長い当該品が有効です。
屋根、壁材、サッシ、手摺、門扉・フェンス等のエクステリア、玄関ドア、各種プラスチック建材等に適しています。


バックナンバー

 

お問い合せ・相談窓口

・営業時間:
 平日8:00~18:00
・休業日:日曜・祝日

Copyright (c) 塗りま専科.com. All Rights Reserved.Powered by ATTEND co.,ltd.